「独文化や歴史紹介を」 バウアーさん嘱託職員に 沼田

 2020年東京五輪・パラリンピックでドイツフェンシングチームの事前合宿を誘致した群馬県沼田市は、ドイツ人のクリスティーネ・バウアーさん(26)を嘱託職員の国際交流員として任用した。市役所で9日、横山公一市長から辞令が交付された=写真

 横山市長は「市民にドイツの知識をたくさん教えてほしい。市民の異文化交流のきっかけになってもらいたい」と激励した。バウアーさんは「ドイツの音楽、料理、伝統文化、歴史などを紹介したい」と抱負を語った。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事