《山の日 写真特集》歴史を物語る大手虎口 金山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(9日午前11時20分ごろ、関口和弘撮影)

 憩いの場として、市民が散策に訪れる太田市の金山。山頂を中心に広がる金山城跡の大手虎口はハイカーに歴史を物語る=写真

 金山城は室町時代から安土桃山時代にかけて難攻不落を誇った名城で、1934(昭和9)年に城跡としては県内で初めて国史跡に指定された。

 虎口は城郭への出入り口部であり、敵の侵攻を防ぐため、堅固な石垣などが構築された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事