練習場ルール明確化 ハンマー投げ事故報告書案
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県の藤岡中央高で昨年12月、陸上競技のハンマー投げのハンマーが当たったサッカー部の男子生徒が死亡した事故で、県教委が設置した検証委員会は10日、県庁で第3回会合を開き、グラウンド使用ルールの明確化などの提言を盛り込んだ報告書案をまとめた。男子生徒の保護者に内容を確認してもらい、必要に応じて修正した上で、今月中をめどに県教委に報告書を提出する。

 再発防止に向けた提言の骨子案は、①複数の部活動が行われるグランドでの安全対策②投てき種目の安全対策③部活における顧問の関わり方―など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事