変わらぬ思い 今も 日航機事故33年 「空から見守っていて」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ろうそくに火をともし、犠牲者の冥福を祈る遺族ら=上野村・慰霊の園、12日午後6時45分ごろ
父、孝之さんの墓標の前で結婚したことを報告する(左から)小沢秀明さんと妻の裕美さん、母の紀美さん=12日午前9時半ごろ

 乗客乗員520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故は12日、発生から33年となった。早朝から遺族らは群馬県上野村の墜落現場「御巣鷹の尾根」に登り、追慕の情とともに最愛の人を悼んだ。夕方には村内の施設「慰霊の園」で追悼慰霊式が行われた。

 「結婚しました。新しい家庭を空の上から見守ってください」。小沢秀明さん(32)=神戸市東灘区=は、今年6月に結婚した妻の裕美さん(32)と初めて一緒に登り、会うことのできなかった父、孝之さん=当時(29)=の墓標に報告した。

 秀明さんは事故の5カ月後に生まれた。母の紀美さん(62)=大阪府豊中市=は当初、1人で登っていたが、秀明さんが育ち2人に、そして今年は3人になった。33年という時間はそれほど長い。秀明さんは「これからもずっと3人で登りたい。新しい家族が増えれば、もっとうれしい」と語った。

 夫の良平さん=当時(43)=を亡くした村上須美子さん(71)=北海道岩見沢市=は墓標に手を合わせ、涙をぬぐった。登山道は体にこたえるが、「夫が寂しがるだろうから、来られるうちは来てあげないと」。そう話す顔に笑顔が戻った。娘の折田みきさん(46)=札幌市=は、この日を迎える心境は今も変わらないという。「悲しみが消えることも、苦しみを乗り越えられることもない」

 東日本大震災やシンドラー社製エレベーター事故(2006年)などの遺族も登った。1994年の中華航空機墜落事故で両親と夫が犠牲になった永井祥子さん(55)=神戸市=は、慰霊登山に参加して19年目になる。同じ航空機事故として思いを重ね、「御巣鷹の尾根では、いつも空の安全を願っている」と話した。

 日本航空によると、この日は遺族82家族の272人が慰霊登山した。

 慰霊の園での式典には、遺族150人を合わせ計229人が参列した。同施設運営法人の理事長、黒沢八郎・上野村長は式辞で「航空機事故は世界で相次いでいる。事故の戒めを末代まで伝え、空の安全を世界に発信する使命を深く胸に刻む」と述べた。

 墜落時刻の午後6時56分に合わせて黙祷もくとうした。犠牲者の数と同じ520本のろうそくに火がともされ、鎮魂の祈りをささげた。

◎「航空機事故 根絶を誓う」 大沢知事

 日航ジャンボ機墜落事故の追悼慰霊式に参列した大沢正明知事は、追悼の辞で10日に中之条町で発生した県防災ヘリコプター「はるな」の墜落事故に触れ、航空機事故の根絶を目指すとした。

 乗員9人全員が死亡したことを悔やみ哀悼の意を示した上で、「このような事故を風化させず、悲惨さと教訓を次の世代に引き継ぎ、航空機事故の根絶に向けて取り組んでいくことを誓う」と述べた。

 日航機事故の遺族でつくる「8・12連絡会」で活動している美谷島邦子さん(71)=東京都大田区=は「同じ群馬県で空の事故が起きたことは悲しい。御巣鷹での事故を風化させないことが空の安全につながる」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事