県戦没者追悼式 「悲惨さ次世代に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県主催の戦没者追悼式
全国戦没者追悼式に参加した本県参列者

 終戦から73年となった15日、群馬県主催の戦没者追悼式が前橋市のALSOKぐんまアリーナで開かれ、遺族ら1700人が参列した。戦闘や空襲などで亡くなった群馬県関係の戦没者約5万人の冥福を祈り、恒久平和を願った=写真

 大沢正明知事は式辞で「戦争の悲惨さ、平和の尊さ、わが国を守るために尊い命をささげた方々に感謝する気持ちを次の世代に継承することは、私たちの責務」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事