あすから短歌甲子園  3校、上位へ思い熱く 高崎商大附、高崎工、太田東
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
短歌甲子園に出場する(上から)高崎商科大附属高、太田東高、高崎工業高の各チーム

 全国の高校生が自作の短歌で競う第13回全国高校生短歌大会(短歌甲子園)が17~19日、盛岡市内で開かれる。群馬県勢は高崎商科大附属高(2年連続4回目)と高崎工業高(2年連続2回目)、太田東高(2年ぶり4回目)が出場。上位入賞を目指し、準備に余念がない。

 今大会は全国から53校76チームが応募、21チームが出場する。1次リーグは7ブロックに分かれ、事前に発表された題に沿った作品で競う。各ブロック1位と、審査員が選出した敗者復活の1チームが決勝に進む。個人戦も行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事