活性化に若い目 中心街で合宿し提案 慶応、前橋国際大生 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋市中心街を散策する学生ら

 群馬県前橋市中心街の活性化策を探ろうと、慶応大の学生約40人が19日、同市で2泊3日の合宿を始めた。地元の共愛学園前橋国際大生と10組のグループをつくってアイデアを練り、最終日に案を発表する。有望な提案は実現を目指す長期プロジェクトとなる。都市と地方の大学が連携する取り組みとしても注目されそうだ。

 全国各地の地域活性化に携わる飯盛義徳・慶応大総合政策学部教授が、民間主体のまちづくりが進む前橋市に関心を持ち企画した。市や中心商店街、前橋まちなかエージェンシーなどが受け入れに協力している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事