《NIE》活字読む機会増やす 上毛新聞印刷センターで講座

 生涯学習に新聞を活用する「NIE」活動の一環、上毛新聞社の新聞講座が20日、伊勢崎市の同社印刷センターで開かれた。富岡市の7、10、11、12地区子ども会の8人が、事件や事故、スポーツなどさまざまな現場を取材する記者の仕事や、新聞ができるまでの流れ、活字の持つ魅力などについて編集局NIE担当・子安悟記者の話を聞いた。

 富岡小5年の上山宙大さん(11)は「何か起これば時間に関係なく取材をして、記事を書いたり、写真を撮ったりする記者の仕事は大変だということがよく分かった。これからは活字を読む機会をもっと増やしたい」と話していた。


*****
上毛新聞社は、出前講座を希望する学校・企業・団体を受け付けています。問い合わせはNIE・NIB推進委事務局(電話027・254・9885)へ。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事