空の安全祈る前掛けと頭巾 御巣鷹のみかえり地蔵に飾る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県上野村の日航機墜落事故現場「御巣鷹の尾根」の旧登山道にある「みかえり地蔵」に、管理人の黒沢完一さん(75)が21日、赤い前掛けと頭巾を着け、犠牲者の冥福と慰霊登山の安全を祈った。

 黒沢さんは花を手向けた後、前掛けなどを取り付けると、「地蔵様の顔がにこやかになった気がする」と表情を和ませた=写真

 前掛けと頭巾は藤岡市の山田俶子よしこさんが贈った。黒沢さんが慰霊登山に訪れる遺族を迎えるため、毎年地蔵を清掃しているという新聞記事を見て、「何も身に着けていないのはかわいそう」と手作りした。

 地蔵は尾根へ向かう村道脇の「みかえり峠」にあり、近年は参拝する人が減っているという。黒沢さんは「多くの方に山のことを気遣ってもらい、本当にありがたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事