県立女子大3連覇 大学生フラダンス全国大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カレッジフラコンペティションで3連覇を飾った県立女子大アロハダンスサークル

◎文化、精神の表現評価

 大学生のフラダンス全国大会「第7回カレッジフラコンペティション2018」(同実行委主催)が横浜市で開かれ、団体の部で群馬県立女子大アロハダンスサークルが優勝し、3連覇を飾った。6回目の出場で、優勝は通算5度目。技術だけでなく、ハワイの文化や精神を理解して表現した点が評価された。

 団体の部は17大学が出場。県立女子大は2~4年生11人でチームを組み、ハワイ島の女性が故郷や恋しい人への思いを表現した曲「モク・オ・ケアヴェ」を踊った。曲の解釈や時代背景、衣装選びなどについて英語でまとめた研究文書も事前に提出し、併せて審査された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事