里親制度に理解を 県庁で展示 全国の家族写真50枚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
里親家庭や養子縁組をした親子の写真に見入る来場者

 里親家庭や養子縁組した親子のありのままの姿を伝える写真展「フォスター」が24日、県庁県民ホールで開かれた。今春から全国を巡回しており、県内は初開催。全国各地で撮影された約50枚の家族写真に、来場者がじっくりと見入った。

 フォスターは2017年、写真家の江連麻紀さん(38)=川崎市=や静岡大の白井千晶教授(48)らが企画を立ち上げた。里親への偏見や養子縁組への不安を取り除こうと、写真展開催の準備を進めてきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事