猛暑日 23.4日多い32日 6~8月平均気温は史上最高タイ26.5度
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 気象庁が3日に発表した6~8月の夏の天候まとめで、前橋の平均気温は平年より2.1度高い26.5度を記録した。1897年の統計開始以降、2010年と並んで最も高かった。前橋で最高気温が35度以上の猛暑日は平年より23.4日多い32日だった。

 前橋では猛暑日の連続日数が、7月13~24日の12日間を記録。これまでの最長だった1995年の10日を上回り、過去最長となった。最高気温が30度以上の真夏日は31日。猛暑日と合わせると平年より19.8日多い63日が30度以上の厳しい暑さだった。7、8月は夜も気温の下がり方が鈍く、最低気温が25度以上の熱帯夜は27日で、平年より21.9日多かった。日照時間は660.5時間となり、平年の1.5倍だった。1899年の統計開始以降、1922年の675.9時間に次いで2番目に多かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事