園児が用水路で生き物調査 太田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 身近な自然環境を知ってもらおうと、群馬県太田市の高林北町みどり環境保全向上推進協議会(斉藤稔会長)は5日、地元の太田杉の子保育園(久保田華代園長)の5~6歳の園児24人と同園近くの用水路で生き物の調査をした=写真

 園児は用水路の中を歩いたり、大人が網を使って捕まえる「追い込み漁」を見学したりした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事