五輪見据えテロ訓練 新桐生駅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不審者を取り押さえる警察官

 2020年の東京五輪を見据え、群馬県警と東武鉄道は5日、桐生市の東武新桐生駅で無差別テロを想定した訓練を行った。駅員と警察官47人が有事への対応を確認した。

 朝の通勤ラッシュ時に不審者が液体の入ったペットボトルをホームに置いたと想定。乗客を避難させた後、警棒や刺股を持った警察官が、刃物を持って暴れる不審者を取り押さえた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事