中学生ヘリ体験墜落受けて中止 中之条町
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県防災ヘリコプター「はるな」の墜落事故を受け、中之条町は6日、中学3年生を対象に実施しているヘリ体験飛行を本年度から取りやめることを明らかにした。県防災ヘリの運航委託先である東邦航空(東京)に業務委託し、今年は10月4日に行う予定だった。

 6日の町議会一般質問で、宮崎一教育長が方針を示した。8月23日の定例教育委員会で協議した際、「保護者が懸念しており、地域の理解が得られない」「事故原因が調査中で安全についての不安が払拭ふっしょくされない」といった意見が出て、取りやめを決めたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事