もてなし精神 外国人へ 留学生らが伊香保で成果を報告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 外国人留学生の群馬県定着を促進する「グローカル・ハタラクラスぐんま」プロジェクトのインターンシップ成果報告会が7日、渋川市の渋川伊香保温泉観光協会で行われた。県内5大学の学生が、温泉でのインバウンド(訪日外国人客)を増やす取り組みについて知恵を絞り、「日本人には当たり前でも、外国人には当たり前でないことを意識して伝える」「観光客にSNSで発信してもらう」などと提言した。

 留学生と日本人学生計18人が参加。学生を受け入れた観光協会と、バス会社の関越交通(同市)の要望に沿って、「観光施設の評価」「着地型商品づくり」「バスでの観光モデルコースづくり」の3班で10日間活動した。実際に伊香保に宿泊したり、関係者の話を聞いたりしてアイデアをまとめ、路線バスを使った2泊3日のモデルコースも提案した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事