群大病院の特定機能再承認要望 埼玉北部の7首長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬大医学部附属病院(前橋市)が高度医療を提供する「特定機能病院」の承認を取り消されている問題で、埼玉県北部の7市町長が7日、高木美智代厚生労働副大臣を訪れ、早期再承認を求める要望書を手渡した。荻沢滋群馬県副知事らも同行した。

 代表して要望書を提出した小島進深谷市長は、深谷赤十字病院の整形外科と小児科は、群馬大医局からの医師派遣に特に頼っていると説明。「(埼玉)県北の医療は群馬大なくしてはできない。早期承認を首長全員が切実に思っている」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事