SNS活用やシカ捕獲 尾瀬サミットで新ビジョン

 群馬、福島、新潟の3県知事らが集う尾瀬サミット2018(尾瀬保護財団主催)が10日、福島県檜枝岐村で開幕した。これに先立ち、同村内では尾瀬国立公園協議会が開かれ、尾瀬の保護と利用の在り方を示す「新・尾瀬ビジョン」を承認した。11日に3県知事らに示される。

 新ビジョンは地域住民や利用者らの意見を踏まえ、目指す姿に「みんなに愛され続ける尾瀬」を掲げる。実現に向け、ファンを増やすための会員制交流サイト(SNS)を活用した情報発信や、シカ被害低減のための捕獲強化などを盛り込んだ。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事