このナシきっと甘い! 明和の味覚 子どもたちがもぎ取り楽しむ

 群馬県明和町特産のナシに親しんでもらおうと、明和こども園子育て支援センターは11日、町内の果樹園でナシ狩りを行った。センターに通う親子15組30人が旬の豊水を味わった。

 生産者の関本忠さん(62)=同町南大島=が食べ頃のナシの見分け方を助言し、「皮が薄くてつるつるしているものを選んで」と呼び掛けた。母親に抱えられた子どもはそれぞれお気に入りの実に手を伸ばして収穫=写真。ボランティアが皮をむき、頬張った。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事