本館3階完成 学びの場新た 新島短大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しくなった3階で行われた祝福式

 8月上旬から改修していた新島学園短期大本館3階の完成を祝う祝福式が11日、群馬県高崎市の同大で開かれた。学生や教職員、聖歌隊などの約50人が出席し、新たな学びの場の完成を喜んだ。

 新しくなった4教室は手塚建築研究所(東京都)の手塚貴晴、由比共同代表による設計。ホワイトボードやスクリーンとして使える壁や、併設された和室などが特徴だ。学生の自主学習やゼミ活動、発表などの場として活用される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事