震災 食べて支援 高崎スズランで北海道展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
多くの買い物客でにぎわう会場

 北の大地の味覚を集めた「秋の大北海道展」が12日、群馬県高崎市のスズラン高崎店で始まった。北海道で起きた地震の影響で出店できない店や入荷が遅れている商品がある中、被災地を元気づけようと、多くの買い物客でにぎわっている。18日まで。

 海の幸やスイーツなどの57店舗が集結した。サケだしのラーメンが人気の「麺匠 赤松」がメインとして出店予定だったが、被害の影響で取りやめに。「六花亭」のマルセイバターケーキ、「ミセスニューヨーク」のチーズオムレットなど入荷が遅れる商品もあるが、「開催を望む声が多かった」(スズラン担当者)として、実施を決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事