大型映像 高崎を発信 駅周辺でPR放映開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高崎駅東口のヤマダ電機の大型ビジョンで流れる倉渕商工会のPR映像

 群馬県高崎市は12日までに、JR高崎駅周辺の大型ビジョンで、市内の商店街や民間団体が制作したPR映像の放映を始めた。市内外からの来訪者でにぎわう駅周辺で映像を通して地域の魅力を発信し、波及効果を狙う。

 放映場所は(1)高崎オーパ(2)ヤマダ電機LABI1ライフセレクト高崎(3)駅構内の在来線改札前―の3カ所にある大型ビジョン。市が6月に新設した補助制度を利用して作られた15秒か30秒の映像が対象で、今月から本格化した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事