100歳以上は最多の1198人 南牧の小井戸さんが最高齢111歳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 100歳以上の群馬県民は前年比48人増の1198人(15日時点)で過去最多を更新したことが14日、県のまとめで分かった。1000人を超えるのは4年連続。医療の進歩や介護サービスの普及で、100歳以上の「百寿者」は10年前の2倍近くに増えた。

 内訳は男性141人、女性1057人。県内最高齢者は3年連続で1907(明治40)年生まれの小井戸ますさん(111)=南牧村=で、男性の最高齢は107歳だった。本年度中に100歳を迎える人は、中曽根康弘元首相ら524人に上る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事