広告付きAED導入 市施設、設置コスト減 前橋市
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 普及が進む自動体外式除細動器(AED)の設置費用を抑えようと、前橋市は10月から、収納ボックスに企業などの広告を表示したり、設置先の施設にポスターを掲示したりすることで購入費用が無料となる「広告付きAED」を導入する。コストを抑えながら台数を増やし、より効率的な運用を図る。名古屋市などが運用しているが、前橋市によると県内では初めて。

 市有15施設に18台を置く方針で、年間約80万円のコストを抑える効果を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事