本物と見違う樹脂粘土の花 前橋で作品展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 樹脂粘土で作る花の造形作品展が23日まで、群馬県前橋市上小出町のギャラリーJUNOで開かれている=写真。市内で教室を営む牛田春代さん(同市総社町)が手掛けた本物と見間違えるような約80点を紹介している。

 かれんなクレマチスや華やかなバラ、上品なコチョウランがカラフルに並ぶ。生き生きとした質感が生命力を思わせる。牛田さんは「どれも手を使って仕上げた作品。ぬくもりを感じて」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事