取引規制トラの爪 無登録で売買疑い 高崎の男性ら書類送検
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際希少野生動植物種に指定され、取引が原則禁じられているトラの爪を環境省に登録せずに売買したとして、愛知県警生活経済課などは22日までに、種の保存法違反の疑いで、那覇市にある古物販売会社の元男性支店長(46)=愛知県瀬戸市=と法人としての同社、群馬県高崎市の男性(55)をそれぞれ書類送検した。

 元支店長の書類送検容疑は2016年7月13~19日、販売目的でトラの爪を加工したペンダント1点をインターネットオークションに出品した疑い。男性は21日ごろ、9300円で購入した疑い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事