「六合ことば」魅力発信 県立女子大でシンポ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研究成果を発表する学生

 群馬県立女子大学国文学科の公開シンポジウム「ことばとの出会い」が24日、玉村町の同大で開かれた。学生6人が登壇し、中之条町六合地域の方言「六合ことば」について解説、方言の魅力を伝えた。

 6人は同地域で聞き取り調査し、言い伝えや自然現象、遊びの方言について研究した結果を報告。草履作りの工程で糸を交差させる時に使われる言葉が、あやとりの方言「アジトリ」の由来となったことなど、方言や伝承が生まれて定着した理由についての考察を披露した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事