絵図と領収書を確認 幻の「姫子鉱泉」存在裏付け みどり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
姫子鉱泉の資料を確認する職員と赤石さん(右)ら

 かつて群馬県太田市鳥之郷地区にあったとされる「姫子鉱泉」の存在を示す資料が28日、みどり市の私設展示施設「街かど歴史資料室」で確認された。太田市教委によると、同鉱泉の有無は謎に包まれており、関連資料により存在が裏付けられるのは初めて。

 同市教委によると、旧鳥之郷村の郷土誌に「鉱泉があった」との記述があるが、名称や利用状況は分かっていなかった。今回確認された資料は、姫子鉱泉と周辺を描いた絵図1枚と、入浴料などの受領を記した領収書3枚。いずれも同施設を営む赤石幸夫さん(67)が今春、埼玉県で入手した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事