Gメッセや上信道視察 国交相「確実に進めたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大沢知事(右)の案内でコンベンション施設を視察する石井国交相(右から2人目)

 石井啓一国土交通相は17日、2020年春の開業を目指す群馬県のコンベンション施設「Gメッセ群馬」や上信自動車道の整備状況などを視察し、「引き続き地元自治体をはじめとする関係者と連携し、各事業を確実に進めたい」と話した。

 Gメッセでは大沢正明知事らが案内役となり、整備効果などを説明した。石井国交相は視察後、「にぎわいをつくり出し、地域住民相互の交流の活性化を図るとともに、防災拠点の役割を担う施設の重要性を再確認した」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事