伊勢崎市文化会館 1年半休館で利用団体苦慮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大規模改修工事のため、群馬県伊勢崎市文化会館(昭和町)が22日、2020年3月末までの1年半近くにわたる全館休館に入った。市を代表する文化施設の長期休館とあって、利用団体は近隣の別の施設を探したり、毎年恒例の催しの開催時期をずらしたりするなど、対応に追われている。

 同館は1981年開館。収容人数1530人の大ホールと同550人の小ホール、展示室、会議室などがあり、指定管理者の市公共施設管理公社によると2017年度は延べ2909件の利用があった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事