思いやりの一歩を 障害者差別解消へ講演会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
取り組みを紹介する(左から)小林さん、矢嶋さん、飯島さん、上村さん

 障害者差別解消法への理解を広げる「福祉講演会」が、前橋市総合福祉会館で開かれた。行政や民間の関係者が登壇し、取り組みや課題を発表。来場した160人が、自分もできる思いやりやバリアフリーについて考えた。

 県障害政策課長の小林啓一さんは、差別の解消に向け、県の責務や県民らの役割を定めた条例の制定を目指していると紹介。前橋市障害福祉課長の矢嶋章光さんは、市職員の対応要領を定め、差別的な対応をしないよう意識共有を図っていると説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事