サイバー攻撃に備え県警と群銀 初動対応を確認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初動対応を確認した訓練

 2020年の東京五輪・パラリンピックなどの国際行事を見据え、群馬銀行(前橋市)と県警は7日、同行本店でサイバー攻撃の対処訓練を行った。行員と警察官の計15人が初動対応を確認した。

 警察をかたった標的型メールを受信し、行員が添付ファイルを開いたという想定。不正プログラムに感染した疑いがあるとして、同行のインターネット事案の対策チームが受信したパソコンの操作履歴などを調べ、県警に通報。駆け付けた警察官が不正な通信の有無や業務への影響を聞き取った。訓練後、連携強化に向けた改善点を話し合った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事