冬迎えるつるし柿 高山の道の駅「中山盆地」で皮むき準備
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 つるし柿の準備作業が群馬県高山村の道の駅「中山盆地」で佳境を迎えている。8日は村の地域おこし協力隊員らが約400個の柿をむき=写真、敷地内につるした。

 昨年から始め、今年は計1100個をつるす。渋柿は村内の農家から譲り受けた。日の光と冷風により、甘みが増すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事