布袋さん×太田ニット 「ギタリズム柄」マフラー 群馬コラボおしゃれに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県高崎市出身のギタリスト、布袋寅泰さんと太田市のニットブランド「OTA KNIT」による「群馬コラボ」のマフラーができた=写真。布袋さんのトレードマークである白黒の幾何学模様「ギタリズム柄」を長さ165センチにデザインした目を引く仕上がり。10日に始まる全国ツアーのグッズとして販売される。

 OTA KNITは地元のニット工場が生産し、マウンテンディアー(同市富沢町、山鹿雅明社長)が企画販売している。同社によると、きっかけは都内の雑貨展示会で、質の高いニット製品が布袋さんの関係者の目に留まったこと。とんとん拍子に話がまとまり、公式な模様のデータ提供を受けて作った。

 ニット製品としても極細のウール糸で肌触りが良く、保湿や防寒に優れ、「実用性もあり、普段使いできる」と担当者。布袋さんは関係者を通じて「(活動拠点の)英国で着けさせてもらいます」とメッセージを寄せたという。

 税込み9千円。10日正午から布袋さんの公式サイトで通信販売するほか、同日始まる全国ツアーの会場で販売する。問い合わせは同社(電話0276・55・5205)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事