問屋町 にぎわいを ビエント高崎に新ギャラリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
半谷さんの作品が展示されているビエント高崎の新ギャラリー

初回は半谷学さん個展


 街のにぎわいにつなげようと、高崎卸商社街協同組合(吉浜達三理事長)は、管理する群馬県高崎市問屋町のビエント高崎の一部を活用し、「ビエント アーツ ギャラリー」をオープンした。初回展示として、みなかみ町を拠点に活動する美術家、半谷(はんがい)学さん(55)の個展を12月10日まで開いている。

 広さ80平方メートルの室内は、作品が際立つように落ち着いたグレーを基調とした。入り口付近に県内作家の作品を販売するコーナーを設置。会社員や学生にも気軽に芸術に触れてもらおうと、開館は金曜から月曜までの週末前後としている。今後は若手アーティストを呼び込み、月1回ほどのペースで展示会を開きたい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事