高速であおり運転疑い 録画映像から捜査 県警が逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高速道路でトラックの前に進入し、急ブレーキをかけたり幅寄せしたりして男性にけがを負わせたとして、県警高速隊と交通指導課は14日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、福井県越前町米ノの運転手の男(42)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月10日午後6時5分ごろ、富岡市の上信越道下り線を大型トラックで走行中、埼玉県熊谷市の男性(24)のトラックを危険な速さで追い抜いて前方に進入し、急ブレーキをかけたり、幅寄せして車を衝突させたりして、軽傷を負わせた疑い。

 県警によると、容疑を認めている。男性の車のドライブレコーダーに記録されていた映像などから捜査を進めていた。

 捜査関係者によると、映像は動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿され、2万回以上再生されているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事