高商高生インターン 商店街 生徒が盛り上げ 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高崎商業高流通ビジネス科の2年生74人によるインターンシップが15日、群馬県高崎市の中心市街地で始まった。18日までの4日間で、商店街での職場体験をはじめ、第90回高崎えびす講市(17、18日)の手伝いに取り組む。

 七つの商店街や、えびす講市実行委本部に分かれて活動。えびす講市を手伝う約40人は会場となるまちなかを巡り、ロボットの試乗の整理券配布など、当日の作業内容について説明を受けた=写真

 飯塚未幸さん(17)は「高校生の明るさで街を盛り上げたい」と話していた。商店街でのインターンシップは初めて。地域とつながり、街を理解してもらおうと企画した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事