工科大の学科再編要請 経費圧縮へ夜間廃止
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 少子化の進展で将来的に学生の確保が困難になるとして、前橋市は20日、前橋工科大に学科の再編を要請する方針を明らかにした。6学科からなる現体制を見直して統廃合を進め、一部学科で行っている夜間開講を廃止する。人件費や光熱費などの経費を圧縮して経営をスリム化する内容で、2024年度までの完了を目指す。

 今後、大学側が主導して素案をまとめ、具体策を検討するという。同大は「正式な要請があり次第、学内の委員会などで協議していく」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事