風に揺れる白いカーテン 高崎・十文字大根の収穫最盛期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県高崎市榛名町の十文字地区で、特産の「十文字大根」を干す作業が最盛期を迎えた。たくあん漬けに使う「秋まさり」という品種で、榛名山麓を吹き抜ける通称「大根風」に白いカーテンが揺れている=写真

 今年4月に設立された「十文字大根生産組合」の後閑英雄組合長(66)は「収穫期を前に好天に恵まれここ数年では最高の出来」と自慢する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事