「流星キラリ 願い届け」 県立ぐんま天文台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 冬の夜空を彩る「ふたご座流星群」が14日夜、出現のピークを迎えた。高山村の県立ぐんま天文台では星座観察会が開かれ、家族連れやカップルが天体ショーを楽しんだ=写真

 ふたご座流星群は三大流星群の一つで、多いときで1時間に40~50個現れるとされる。寝袋に入って寝転ぶなどした参加者は目を凝らし、「流れた」「きれい」と歓声を上げていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事