「命の尊さ伝えたい」 24、25日 犠牲者の人型、桐生駅に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イベントに向けて話し合う長岡さん(右)と近藤さん

 事件や事故の犠牲者の人型を展示し、無念の思いを伝える「生命(いのち)のメッセージ展」が24、25日の両日、JR桐生駅構内で開かれる。実行委の長岡昇汰代表(26)は「命の尊さ、人の痛みに寄り添う大切さを伝えたい」と来場を呼び掛けている。

 長岡さんは来年8月の生命のメッセージ展開催を企画。クラウドファンディングで運営資金を募集し、目標金額50万円を達成した。その感謝を込めてクリスマスにも展示を行うことにした。きりゅう市民活動推進ネットワーク(近藤圭子代表)が協力する。

 実行委は17日午後11時まで寄付を募っている。支援額は1口500円以上。寄付金は実行委のホームページ(https://readyfor.JP/projects/inochi-kiryu)から送金するか、長岡さんに直接手渡す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事