文字サイズを変更する
小
中
大
 

世界遺産 富岡製糸場と絹産業遺産群

世界遺産 歌で応援 高崎の中村さん 「まゆの思い」リリース 

更新日時:2014年5月2日(金) AM 10:00
 群馬県高崎市新保田中町のシンガー・ソングライター、中村悦子さんは、世界文化遺産登録勧告を受けた「富岡製糸場と絹産業遺産群」をテーマにした新曲「まゆの思い」をリリースした。1日、前橋市の上毛新聞社を訪れ、曲への思いを語った。

 「まゆ―」は4資産の世界文化遺産登録を応援しようと昨年秋から制作し、2月に完成した。4月末のコンサートで初披露して以来、反響を呼んでいるという。

 「私は群馬で生まれた繭でした」というフレーズで始まる。中村さんは「なかなか歌詞が浮かばなかったが、繭を主人公にして考えたら、すらすら書けた」と振り返る。サビは「頭に残る節にしたい」と、「シルク シルク」とシンプルな言葉を採用。「私は世界に飛び立つ」と締めくくり、世界文化遺産登録を後押ししている。

 CDは1080円。問い合わせは中村音楽事務所(☎027・362・5792)へ。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

「歌で世界遺産登録を盛り上げたい」と話す中村さん

  • 上毛新聞を購読する
  • 上毛新聞に広告を載せる