東京五輪2020

セーリングW杯で開会式、神奈川 東京五輪テスト大会1号

更新日時:2018年9月9日(日) PM 09:01

 セーリングのW杯江の島大会の開会式で、あいさつする日本連盟の河野博文会長=9日午後、神奈川県藤沢市

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会の開会式が9日、神奈川県藤沢市で行われた。競技は11日にスタートし、東京五輪で使用される江の島ヨットハーバー沖で実施される。全競技を通じて五輪のテスト大会第1号となり、組織委員会は競技運営、警備、システムなどの分野の職員を派遣し、課題を探る。

 日本連盟の河野博文会長は「日本でかつてない規模で最高レベルの大会になる」とあいさつした。

 日本でのW杯の開催は愛知県蒲郡市が会場だった昨年に続き2度目。五輪と同じ10種目が実施され、46カ国・地域から706人がエントリーしている。