文字サイズを変更する
小
中
大
 

共同通信PRワイヤー

日本学生選手権水泳競技大会における「5G」×「AR」実証実験を実施

更新日時:9月7日 15:30
2018年9月7日

株式会社NTTドコモ

第94回日本学生選手権水泳競技大会における「5G」×「AR」新たなスポーツ観戦スタイルの実証実験を実施
~競技場でも選手の順位やタイムがリアルタイムで把握可能に~

 株式会社テレビ朝日(以下、テレビ朝日)、日本電気株式会社(以下、NEC)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の3社は、9月7日(金)から9月9日(日)まで神奈川県横浜市の横浜国際プールで行われる第94回日本学生選手権水泳競技大会で、第5世代移動通信方式(以下、5G)の特徴である「低遅延」を活用した「競技情報のリアルタイムAR表示」の実現に向けた実証実験をいたします。

 本実験は、テレビ朝日が競技模様を撮影し、NECが5G実証環境の構築およびAR情報を表示するスマートグラスの提供、ドコモがAR表示するタブレット・スマートフォン端末を提供し実施するものです。また、競技情報(選手情報・順位・タイムなど)のAR処理を行うシステムは、テレビ朝日とNECで共同開発して提供します。

 水泳競技大会では通常、会場内の電光掲示板に競技情報が表示されますが、観戦中に競技情報をリアルタイムに把握するには、視線をプール(選手)と電光掲示板で行き来させる必要があります。5Gでスマートグラスに競技情報を配信することで、プールから視線を動かすことなく競技情報のリアルタイムでの把握が可能となり、新たなユーザ体験の提供を実現します。

 テレビ朝日、NECは「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」のパートナー企業です。ドコモを含む3社は本実験をきっかけとして、今後5G時代における新たなスポーツ観戦スタイルの検証を行ってまいります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809057602-O1-5aH872pr
    


別紙    
実証実験概要
 
1.内容
  第94回日本学生選手権水泳競技大会の競技模様を撮影。映像コンテンツを生成する際に使用する選手情報(氏名、所属等)や順位、タイム等のリアルタイム情報からARで表示するコンテンツを生成し、会場内に設置した「MEC(Multi-access Edge Computing)」※サーバで処理の上、5Gによる無線通信を経由してスマートグラスにリアルタイムに表示します。
※スマートフォンなどの端末に近い位置にデータ処理機能を配備することで通信を最適化・高速化する次世代通信インフラで重要な位置づけとなるアーキテクチャ

2.日時、場所
  日時:2018年9月8日(土)、9月9日(日)
  場所:横浜国際プール (住所:神奈川県横浜市都筑区北山田7-3-1)

3.実証実験イメージ
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809057602-O2-2kK37ip6

4.各社の役割
(1)テレビ朝日
  ・本企画立案
  ・映像の撮影、競技情報の表示コンテンツ制作
  ・現地の設営
(2)NEC
  ・本企画立案
  ・AR表示コンテンツの制作
  ・28GHz超多素子アンテナ基地局、移動局、MECサーバ、スマートグラスの提供
(3)ドコモ
  ・本企画監修
  ・AR表示用のタブレット・スマートフォン端末の提供