文字サイズを変更する
小
中
大
 

共同通信PRワイヤー

革新的バイオ関連技術が集結! アジア最大級のパートナリングイベント 10月に開催

更新日時:9月7日 10:00
2018年9月6日

BioJapan / 再生医療JAPAN事務局

革新的バイオ関連技術が集結! アジア最大級のパートナリングイベント BioJapan / 再生医療JAPAN 10月に開催

来る2018年10月10日(水)-12日(金)の3日間、パシフィコ横浜においてBioJapan 2018 / 再生医療JAPAN 2018を開催します。
BioJapanは、国内外より大手製薬企業を始めとしたバイオ関連企業、研究機関・大学が一堂に会し、共同研究や事業提携先の探索を行うアジア最大級のパートナリングイベントです。1986年の初開催以来、今回で20回目の記念回を迎えます。展示会・パートナリング・セミナーの三つの柱で構成され、本年は約30ヶ国・地域より1,000社・団体が参加、会期中は参加者間で8,000件超の商談が行われます。また、同時開催の再生医療の展示会再生医療JAPANは今回が3回目の開催。成長分野として再生医療マーケットを捉え、積極的に事業化を進めている企業や、再生医療業界への参入、ネットワーク構築を狙う企業・団体が多数参加します。

■実用化進む遺伝子治療、本格化する中分子創薬、核酸医薬製造…未来を担う先端技術を披露する注目の出展者はこちら
不足遺伝子を補ったり、有害な遺伝子の働きを抑制することで難病の根治を目指す遺伝子治療は、これまで海外での開発が目立っていましたが、国内企業も新薬承認、実用化の一歩手前まで来ています。本展でも複数の企業がパイプラインの開発進捗状況について披露します。
また、高分子医薬並みの高い効果を持ち、低分子医薬のように化学合成が可能な中分子医薬も昨今の製薬業界で高い関心を集めています。今回も多数見られる「ペプチド」や「核酸」といったキーワードでの出展は見逃せません。
【タカラバイオ株式会社】…遺伝子治療事業において、腫瘍溶解性ウイルスと分子標的T細胞療法の臨床試験がそれぞれ進行中。今年度、国内初のがん遺伝子治療薬の承認取得を目指す。会期中、連日セミナーにて各事業の取り組みを紹介。
【株式会社ボナック】…今最も注目されている核酸医薬ベンチャー。独自のボナック核酸で原料開発から創薬探索までをワンストップで行う。東レと共同開発を進める特発性肺線維症に対する核酸医薬品の第I相臨床試験を米国にて開始。
【日東電工株式会社】…核酸医薬の受託製造世界シェア6割を誇る。米国に巨大な核酸医薬製造拠点を有する。肺線維症治療薬の開発も実施。
【産業総合研究所 創薬分子プロファイリング研究センター】…バイオ計測とバイオITという最先端技術の融合により、創薬分野の産学官連携を加速させる。今回、中分子創薬における機械学習の応用に関してプレゼンテーションを実施。

■個別化医療から再生医療、エコシステム、AIの医療応用まで、今聞くべき、旬なトピックスを集めました!充実のセミナーを連日開催
会期中、各分野を最前線でけん引する講師陣によるセミナーを連日開催します。また、展示会場でも約200本の出展者プレゼンテーションを開催。会期三日間にわたり最新の研究動向発表、情報発信を行います。

【基調講演】10/10(水) 10:00-11:30 
「バイオ分野における政府戦略と、住友化学グループの展開」
――― 十倉 雅和氏(住友化学株式会社 代表取締役社長、総合科学技術・イノベーション会議議員)
「創薬イノベーションの将来像」
――― 中山 讓治氏(日本製薬工業協会 会長)

【主催者セミナーピックアップ】
iPS細胞研究アップデート 10/11(木) 15:30-17:00
 コーディネーター:宮田 満氏(株式会社宮田総研 代表取締役社長)
 「iPS細胞研究の現状と医療応用に向けた取り組み」
――― 山中 伸弥氏(京都大学iPS細胞研究所 所長・教授)
 「iPS細胞を用いた心不全の治療」
――― 澤 芳樹氏(大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科 教授)

AI X 医療:これまでの医学専門家の知識をどのようにAIの膨大なデータの流れに組み込むか? 10/11(木) 13:15-14:45
 コーディネーター:児玉 龍彦氏(東京大学 先端科学技術研究センター がん・代謝プロジェクトリーダー)
 「New Trend in Therapeutics Research - Artificial Intelligence for identifying novel therapeutic targets, biomarkers and drug repositioning opportunities」
――― Namshik Han氏(Head of Computational Biology, Milner Therapeutics Institute, University of Cambridge)
 「「百聞は一見にしかず」を超えて:機械学習駆動型イメージングセルソーター(ゴーストサイトメトリー)」
――― 太田 禎生氏(東京大学先端科学技術研究センター ロボティック生命光学分野 准教授)
「がんゲノム医療とデータサイエンス」
――― 西村 邦裕氏(株式会社テンクー 代表取締役社長)
 「ディープラーニングの医療応用」
――― 岡野原 大輔氏(株式会社Preferred Networks 代表取締役副社長)

■厚生労働省主催「ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット」本年も同時開催!
昨年に引き続き、厚生労働省主催によるベンチャー育成支援の展示会「ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2018」を同時開催します。サミットでは、革新的な医薬品、医療機器、再生医療等製品に結びつくことが期待されるシーズを持つバイオベンチャーやアカデミアが約80企業・団体出展します。ブース出展やプレゼンテーションを実施することにより、大手企業、金融機関、研究機関等のキーパーソンとのマッチングやネットワーキングの促進を実現します。優れたシーズの実用化を促進し、医薬品・医療機器分野のベンチャーを育てる好循環(ベンチャーのエコシステム)の確立を図り、革新的な医薬品、医療機器、再生医療等製品の開発と実用化の促進が期待されます。

【開催概要】
名称:BioJapan 2018 / 再生医療JAPAN 2018
会期:2018年10月10日(水)~12日(金)10:00~17:00
主催:BioJapan 組織委員会・株式会社JTBコミュニケーションデザイン
会場:パシフィコ横浜