文字サイズを変更する
小
中
大
 

共同通信PRワイヤー

オリンピックのチャンピオンたちが紅海灘風景区の美しい湿地に賛同

更新日時:9月7日 16:07
オリンピックのチャンピオンたちが紅海灘風景区の美しい湿地に賛同

AsiaNet 75060 (1553)

【盤錦(中国)2018年9月6日新華社=共同通信JBN】Panjin Red Beach Wetland Resort Administrative Committeeによると、第13回遼寧省競技大会に参加した同省のオリンピック・チャンピオンたちは最近、盤錦市の紅海灘風景区(Red Beach National Scenic Corridor)を訪れ、その壮大さに驚嘆した。

チケットホールで、柔道チャンピオンの孫福明、袁華、バレーボール・チャンピオンの劉亜男、ボート競技ダブルパルプ・チャンピオンの唐賓、レスリング・チャンピオンの王嬌、フェンシング・エペ・チャンピオンの孫玉潔の各選手は、ビジターたちと集団写真を撮影し、彼らのために熱心にサインをした。オリンピック・チャンピオンたちは紅海灘風景区のために記名し、観光バスを訪れた。新たに「オリンピック・チャンピオン」と名付けられたこのバスは、第13回遼寧省競技大会のマスコット図案で飾られており、同風景区で運行される。

オリンピック・チャンピオンたちは景勝地の中心部で写真撮影し、その素晴らしい景観に魅了され、美しい湿地と紅海灘の壮観を褒めたたえた。紅海灘は自然から与えられた人類への宝物だ。全ての景勝地は、赤いビーチ、緑のアシ、湿地といった生態系資源で形成されている。

紅海灘風景区は「red coastline of the World(世界の赤い海岸線)」として知られ「China's most wonderful leisure corridor(中国の最も素晴らしいレジャー回廊)」や「China's
most romantic tourist coastline(中国の最もロマンチックな観光海岸線)」としても知られる。サルビアの先駆植物ハーブや緑のアシの湿地が紅海灘風景区の主要な要素だ。毎年4月にサルビアが芽吹き始め、繁殖し、急速に成長する。季節の変化とともにサルビアはピンク色から燃え立つような赤紫色に変わり、この干潟の雄大な光景を形成する。

赤いサルビアと並置されるのは123万ヘクタールの世界最大のアシ原だ。この広大なアシの地区は天候に適応し、水分を保存し、優れた湿地の生態系環境を形成するだけでなく、鳥たちが生息し、餌をあさり、繁殖する生息場所も提供している。アシ原は287種の鳥類のすみかだ。そこは、ハシグロカモメの繁殖地、野生のタンチョウヅルが越冬する北方限界であり、繁殖する南方限界の地でもある。ハクチョウ、シラサギ、青サギ、ホワイト・アイブロー・ダック、サカツラガンやゴマフアザラシもいる。ここは海鳥の楽園であり、海洋生物の天国である。

ソース:Panjin Red Beach Wetland Resort Administrative Committee

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=318800