文字サイズを変更する
小
中
大
 

共同通信PRワイヤー

Eメールに代わる、通報・相談受付のための新しいコミュニケーションツール『ダイレクトメッセンジャー』

更新日時:9月10日 8:00
2018年9月10日

ダイヤル・サービス株式会社

通報・相談者が匿名で担当者とメッセージ交換ができるクラウド型WEBシステム

通報・相談受付の外部窓口のパイオニアであるダイヤル・サービス株式会社は、通報者や相談者が完全に匿名のままでも窓口担当者とッセージ交換ができるクラウド型のWEB 通報・相談システム『ダイレクトメッセンジャー』を開発、販売を開始いたしました。


■サービス化の背景
・社内の通報・相談窓口は匿名性の確保が難しく、利用されない要因になっている。
・Eメールによる受付は、担当者側の管理や使い勝手に課題がある。
・電話、Eメールという手法がSNS世代から敬遠されがち。
・消費者庁ガイドラインでは、匿名通報も情報伝達ができる仕組みを推奨している。
 (2016年12月「内部通報制度の整備・運用に関するガイドライン」)

■主な特徴
・匿名性の確保と高いセキュリティ
・SNSライクな見やすい画面
・シンプル機能、簡単操作
・通報、相談窓口として便利な管理者機能
・リーズナブルな価格 月額15,000円(税別)

■トライアルでお試し
 最長2ヶ月間、無料でトライアル利用ができます。詳しくはお問い合わせください。

■システム概要
・システム名  :ダイレクトメッセンジャー
・システム内容 :クラウド型 匿名型通報・相談システム(顕名でも可能)
         匿名(顕名)の通報者、相談者からのメッセージ、ファイルの受付および送信
・対応機種   :インターネット接続のPC、スマートフォン、タブレット端末
・対応ブラウザ :各端末の主要ブラウザ
・主な機能   :完全匿名通報機能、ファイル添付機能、返信通知機能、ガイド画面、各管理者機能(ユーザーID 発行、公開・非公開、検索、タグ管理、CSV 出力など)
・価格     :初期費用 3万円(税別)/月額料金 1.5万円(税別)
・ホームページ :http://www.dsn.co.jp/direct-msg/