文字サイズを変更する
小
中
大
 

共同通信PRワイヤー

サンシャインコーストがアジアへオーストラリア最速の通信を提供

更新日時:9月10日 13:09
サンシャインコーストがアジアへオーストラリア最速の通信を提供

AsiaNet 75070 (1558)

【サンシャインコースト(オーストラリア)2018年9月7日AAPメディアネット・インターナショナル=共同通信JBN】サンシャインコースト市(Sunshine Coast Council)とRTI Connectivity Pty Ltd(RTI-C)の間で合意された新たな国際海底ケーブル契約によって、アジアへ最速、米国へは2番目に速いオーストラリアの通信接続がサンシャインコーストから誕生する。

マーク・ジェーミソン市長は、サンシャインコースト市は国際海底ケーブルとデジタル化の進む世界への投資を獲得したオーストラリア初の地方政府であり、今回の投資の価値は同地域の将来にとって低く見ることはできないと述べた。

ジェーミソン市長は「このインフラ投資はサンシャインコーストにとって疑いもなく重要な転換点になるだろう」と語った。

同プロジェクトには、既報の通りRTI-C、Google、AARNetが参加するコンソーシアムによって敷設中の9600キロメートルのJapan-Guam-Australia South(JGA-S)海底ケーブルにサンシャインコーストを接続する550キロメートルの海底光ファイバーケーブルが含まれている。

JGA-Sケーブルはグアムで、15億以上の人々のために東南アジアと米国の間の接続を構築する高効率の太平洋横断ケーブルであるSEA-USケーブルシステムに接続する。

サンシャインコーストからJGA-Sケーブルまでの海底ケーブル接続と、陸上のサポートインフラへの最大3500万ドルの投資は、サンシャインコースト市とクイーンズランド州政府が共同で資金提供するが、同プロジェクトはクイーンズランドに最大864の新規雇用をもたらし、9億2700万ドルの新規投資が促されると予想されている。

ジェーミソン市長は、データ需要の旺盛さとオーストラリアからのデータトラフィックが年間少なくとも40%増加していることを考えると、これらの数字は控えめだと思う、と述べた。

ジェーミソン市長は「サンシャインコーストは、クイーンズランドとオーストラリアからアジアへの最速かつ最も手頃な価格の国際接続ポイントを提供し、投資先としてのクイーンズランドの魅力を大きく転換することになるだろう」

「質の高い通信接続とデータインフラのおかげで、このプロジェクトはサンシャインコーストの投資と雇用の伸びを刺激し、世界最大のデータユーザーの幾つかをこの地域に引き付けるのに役立ってくれるだろう」

「このゲームチェンジャーは、サンシャインコーストを変え、クイーンズランドに極めて大きな可能性を開いてくれるだろう」と語った。

キャメロン・ディック州開発・製造・インフラ・計画相は、クイーンズランド州政府は前回の選挙公約に従い、雇用・地域成長基金から同プロジェクトに1500万ドルを拠出している、と述べた。

ディック大臣は「国際通信のうち、衛星経由で提供されているのはごくわずかというのが現実で、オーストラリアのインターネット需要の95から99%はシドニーとパースに入っている限られた数の海底ケーブルで賄われている。これは、オーストラリアのインターネット接続と商用データセンターの能力にとってリスクであり、制約だ」

「サンシャインコーストに海底ケーブルを引き上げることは、通信トラフィックの引き上げ場所を多様化するだけでなく、州全体に速度、信頼性、容量の改善ももたらすだろう」

「現代の成長過程にある知識集約型経済は、重要な社会事業から各病院での遠隔医療に至るまで、高速かつ信頼できるサービスを当州に確実に提供するに当たって、高速通信ネットワークへのアクセスに依存している」

「この計画は、こうしたネットワークの接続性と信頼性、さらにそれに依存するサービスを向上させ、全てのクイーンズランド州民に利益をもたらすだろう」

「この画期的プロジェクトは、サンシャインコーストの運営方法を変え、クイーンズランドに極めて大きなチャンスをもたらすだろう」と語った。

ジェーミソン市長は、クイーンズランドのデータと音声通信の大部分は現在、陸上経由でシドニーに行き、そこから海上ケーブルで海外の目的地に向かっている、と述べた。

ジェーミソン市長は「国際電話をかけたり、海外にデータを転送したりするたびに、Google検索をするたびに、Facebookで『いいね!』をするたびに、それが衛星経由ではないことを人々は理解していない」

「実際は、オーストラリアの海外向け音声およびデータトラフィックの大部分は、海底ケーブル経由で伝わっている」

「オーストラリアの東海岸の国際ケーブルを全てシドニーに引き込むことは、割高であるだけでなく、ケーブルが同時に損傷した場合、ビジネスや国家安全保障上の大きなリスクになる」と語った。

ジェーミソン市長は、Maroochydore City Centre(マルーチドール・シティセンター)近くの新たなケーブルの地上局に接続される国際海底ケーブルはデータ伝送速度が向上し、冗長性が増し、時間の経過とともに企業や消費者の国際通信コストの削減につながるはずだ、と述べた。

同市長は「新しいケーブルや新技術は価格を引き下げ、より効率的な環境を作り出すのに役立ってきた」

「当市の納税者も、市がRTI-Cと締結した契約の恩恵を受けることになる。サンシャインコーストのケーブル接続を通じてJGA-Sケーブルネットワークにアクセスする顧客から、市に収入がもたらされるからだ」

「繰り返すが、当市は先頭に立って型にはまらない考え方をし、新たな収益源を確保し、住民への大きな配当としての経済と雇用の伸びを生み出す機会を追求し、オーストラリアの健全でスマート、クリエーティブな地域であり続けられるようにしているのだ」

「これは、私が2016年の地方選挙に向けて行った重要な公約がまた1つ実現したことにもなる」

「海底ケーブルが本市のゲームチェンジャーのリーダーとなることは、ほぼ間違いない」

「これも地方自治体初であったサンシャインコースト・ソーラーファーム、そしてサンシャインコースト空港拡張計画、さらにオーストラリア唯一の未開発地域のCBD(中心業務地区)で間もなくオーストラリア最速のCBDになるマルーチドー・シティセンターは、全てお手本である」と続けた。

ジェーミソン市長はまた、このプロジェクトの長年の支持者であり、2016年に海底ケーブルプロジェクトの実現可能性調査のため、連邦政府から25万ドルの資金を確保する手助けをしてくれたフェアファクス選挙区の連邦議会議員テッド・オブライエン氏のサポートにも謝意を示した。

RTIのラス・マトリッチ最高経営責任者(CEO)は、サンシャインコースト市とクイーンズランド州政府の投資はサンシャインコーストを世界のビジネスマップに載せた、と述べた。

マトリッチ氏は「企業は2地点間で最速の通信ルートを必要としている」

「彼らはデータ保存能力を必要としており、この新しいケーブルとマルーチドーの地上局は、これを可能にする」

「サンシャインコーストのケーブルは、オーストラリアへの新たな進入地点という政府および商業的な理由から優先度の高い物理的多様性を提供してくれるため、素晴らしい場所にある」

「この新たなコースは、オーストラリアを出入りするトラフィックをシドニールートよりも高速で提供するだろう。なぜなら、11億を超える人口の中国本土および香港、億単位の人がいる日本、Facebook、Google、Amazonなどの大企業がある米国の西海岸に地理的により近いからだ」

「サンシャインコースト・プロジェクトは、他の都市と比べ、こうした大都市にRTIネットワークという1つのネットワーク上で到達できる数少ないケーブルの1つである」と語った。

マトリッチ氏は、国際海底ケーブルはより良い接続性、スピード、冗長性を提供し、国際通信インフラへの接続で優位に立とうとする新たな企業の目をサンシャインコーストに向けさせるため、小さな企業にもプラスになる、と述べた。

同氏は「大きな投資がこの地域に入ることで、地域全体がその成果を享受できる」

「国際海底ケーブルは、通信、貿易、教育の増大によって経済にインパクトを与える。ケーブルの数が多いほど、1人当たりのGDPは高くなる」

「特定の場所に引き込まれるケーブルが増えるほど、地元住民だけでなく国民の生活の質が向上する」と語った。

Alcatel Submarine Network(ASN)が供給・敷設する海底ケーブルは、2020年前半までに完成する予定。

ASNのフィリップ・ピロン社長は、同社はRTIとサンシャインコースト市との協力を誇りに思っていると述べた。

同社長は「ASNは、サンシャインコースト市の投資のおかげで当社の技術がオーストラリア東海岸への高速接続の提供のために使われることを非常に喜ばしく思っている」と語った。

ソース:Sunshine Coast Regional Council