上毛新聞プレーバック

盛んなるメーデー 1925(大正14)年5月3日

藤岡町勞働組合のメデーは一日行はれた(略)二隊を編成し先頭には失業防止の徹底自由勞働者の傷害保證治安維持法の撒廢(さんはい)と大書せる旗を押立て浅間神●境内に勞働歌を歌ひつゝ練り込み解散したる

(編注:●はしめすへんに「土」)

県内で実質的な最初のメーデーがこの年、高崎と藤岡で行われたことが確認されている。高崎では42人がメーデー歌を合唱しながら市内をデモし高崎公園に向かった。藤岡では100人以上が参加したが、警察の警戒もあり、大きな混乱はなかった。スローガンは時代を反映し、慢性的な不況と4月に公布された治安維持法への反発を示している。