上毛新聞プレーバック

中島式戦闘機いよいよ製作 1931(昭和6)年5月7日

空軍充實のために數年前からわが陸軍航空本部で試作につとめてゐた純國産中島式戦闘機は先月完成すると共に嚴重なテストを續けた結果「世界第一」の折紙がついたので来春早々から製作を開始し(略)

中島飛行機は1917(大正6)年創業、「隼」「疾風」といった数々の名機を生み出した世界有数の航空機メーカー。記事にあるのは日本陸軍初の純国産となった九一式戦闘機。全盛期には従業員25万人を数えたが、戦後、解体された。太田製作所を母体とする富士重工業は創業100年の今年4月、社名を「SUBARU(スバル)」に変えた。